スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマCD「再現!坂本龍馬 最後の夜」発売中!(出演声優・関俊彦、櫻井孝宏、木村亜希子他)

龍馬を演じる関俊彦さん

---------------------------------------------------------------------
「覚悟を決めた人はやっぱり違いますね」(櫻井孝宏
---------------------------------------------------------------------
木村亜希子(以下、木村)「ちょっと広いんですけど、幕末に登場する人物の中で一番好きなのは誰ですか?」
櫻井孝宏(以下、櫻井)「最近は研究が進んで、名前ぐらいしか知らなかった人が結構すごい働きをしたことがわかったりしているんですけど、龍馬はカッコイイなと思いますね」
関俊彦(以下、関)「僕は蝦夷共和国を作って、箱館の五稜郭で新政府軍と戦った榎本武揚はすごいと思うんだ。旧幕府軍なんだけど、蝦夷共和国の国旗まであった。知ってる?」
木村「はい、ちゃんとは覚えてないんですけど、あったらしいことは」
櫻井「子供の頃に、年末のドラマで「五稜郭」を見たことは覚えてます」
関「国をつくっちゃうというのは、すごいなと思いました。そこに(元)新選組の土方歳三さんも最後いっしょになって戦う」
櫻井「(土方歳三さんの)洋装の写真が残ってるんですよね」
関「土方歳三さん、本当に二枚目ですよ。本当に、あの写真見たときにカッコイイと思った」
櫻井「覚悟を決めた人はやっぱり違いますね」
関「品があってすらっとした二枚目なんだよね。ちょっと似てるって言われない?」
櫻井「誰がですか?」
関「土方歳三に」
櫻井「いや、いや、そんな…もっと言って下さい(笑)」
木村「似てますね(笑)」
関「(笑)」
櫻井「(笑)でも、僕は(好きなのは)土方です」
関「あ、そうなの。土方歳三、カッコイイよな」
櫻井「カッコイイですよね。紆余曲折を経て、五稜郭まで行ってと、当時はやっぱりいろいろ言われたり、あったりしたりして、本人は悲しかったりつらかったりといろいろあったんでしょうけれど、今の時代になってみて見ると、男として見習うべき人かなと思います。カッコイイ人ですね」
関「今度、浅田次郎さんの『輪違屋糸里』(わちがいやいとさと)という小説があるんだけど、土方歳三が好きなら読んでみて。新解釈で、土方歳三がすごい悪い人なの」
櫻井「えっ」
木村「ええっ」
関「悲しいぐらい悪い人なの。斬られちゃった芹沢鴨、最初の局長の方が良い人だったっていう」
櫻井「逆ですよね」
関「おもしろかったね。それまでは僕も土方が好きだったから、『ああ、俺の土方が~俺の歳三が~』って、ちょっとショックだったのを覚えてますね」

-----------------------------------------------------------------
龍馬暗殺の真犯人は誰だ!
-----------------------------------------------------------------

木村「では、最後に龍馬暗殺の真犯人って誰だと思います?」
関「これは関さん、昨日ネットサーフィンしまくり」
櫻井「諸説あるんですよね」
関「笑っちゃったのは、犯人の候補の一人に中岡慎太郎って書いてあって、そういう解釈をする人もいるんだと思って、びっくりしちゃった」
木村「本当だ!」
櫻井「それはその人なりの答えなんでしょうけれど…」
関「事実は小説より奇なりというので、なにがあるかわからないんだけど…龍馬の暗殺事件で僕が一番不思議なのは、誰か証言したっていうことでしょう。最初に店にいた(警護の)人は斬られちゃったし、龍馬は斬られて死んじゃったし、最後奇跡的に2日ぐらい生きていた中岡の証言が一番信憑性があるっていうんだけど。いま巷で言われているのが、後になって自首してきた、俺が殺したんだっていう京都見廻組の人の証言がずいぶん表に上がってきているらしいんだけど…」(つづきはCDで!)

スポンサーサイト

本日発売! ドラマCD「再現!坂本龍馬 最後の夜」(出演声優・関俊彦、櫻井孝宏、木村亜希子他)

新宿・整音スタジオにて

前列左から:楠田敏之(岡本健三郎役)、櫻井孝宏(中岡慎太郎役)、木村亜希子(坂本乙女役)、関 俊彦坂本龍馬役)、日向とめ吉(山田藤吉役)
後列左から:吉田拓真(服部武雄役)、粕谷菜摘(菊屋峰吉役)、橋本真宏(加納鷲雄役)、佐藤雄一(後藤象二郎役)、柴崎 祥(井口新助役)、西山慎哉(富山弥兵衛役)、鈴木義之(内海次郎役)

--------------------------------------------------------------------------------
「土佐弁を使っていると、心が雄大な感じになりますね」(関俊彦
--------------------------------------------------------------------------------

木村亜希子(以下、木村)「おつかれさまでした」
関俊彦(以下、関)「おつかれさまでした」
櫻井孝宏(以下、櫻井)「おつかれさまでした」
木村「いまCDドラマの収録が終わりました」
関「坂本龍馬を演じました関俊彦です」
櫻井「中岡慎太郎を演らせていただいた櫻井孝宏です」
木村「乙女を演らせていただいた木村亜希子です」
関「熱い収録でしたね」
木村「どうですか? 録り終えた感想は」
関「方言って不思議ですね。土佐弁を使っていると、心が雄大な感じになりますね」
木村「そうですね。あたしはナレーションなので(土佐弁とは)関係がなかったんですけど、聞いていたら、あ、いいなあと思いました。ところで、龍馬で一番気になるエピソードはなんですか?」
関「龍馬が新政府の閣僚名簿を西郷(隆盛)さんのところに持って行ったら、坂本どんの名前がないと言ったら、龍馬は『わしや、そんなもののためにここまでやってきたんじゃない』と。それを聞いて西郷さんはびっくりしてしまったというエピソードがすごいなと思いました」
櫻井「選ばれるところが通ですね」
木村「詳しいですね」
関「今日の収録ためにインターネットとかで調べましたから(笑)」
櫻井「僕が衝撃だったのは、やっぱり龍馬の最期ですね。小学校のころ、図書館にあったマンガで初めて読んだんです。そのシーンが鮮明にずっと残っています。幕末にはすごく興味があって、すごく知りたくてどういう生き方だったのか、どういう最期だったのかとか、調べていくとせつなくなってきてしまって…。この人が生きていたらどうなっていたんだろうと考えるとシュンとなってしまうんです」


--------------------------------------------------------------------------------

※17分あまりにもおよぶ関俊彦さんと櫻井孝宏さんと司会役の木村亜希子さんが語るフリートークは聞き所満載!龍馬暗殺犯があきらかになる熱いドラマとボーナストラックが収録されたドラマCDは要注目!

続きを読む

テーマ : 声優・ナレーター
ジャンル : アイドル・芸能

tag : 声優 坂本龍馬 ドラマCD 櫻井孝宏 関俊彦

ライブ情報

ドラマCD『再現!坂本龍馬 最後の夜』の
オープニングテーマ曲“狩寝の照りジュース”
を演奏しているオビリズム・サムシング・チェロニカによる演奏が聴ける!

『再現!坂本龍馬 最後の夜』も販売予定。


*****************************************
10月15日(金)
☆キリストンカフェ渋谷

http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13033879/
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル2号館B1
03-5728-2225
☆出演/20:00/21:00/22:00 の3セット
(1セット約15分~20分)

オビリズム・サムシング・チェロニカHP
*****************************************

amazonで予約注文できるようになりました!

ドラマCD 再現! 坂本龍馬 最後の夜 (OMEGA LABEL)ドラマCD 再現! 坂本龍馬 最後の夜 (OMEGA LABEL)
(2010/10/15)
関俊彦,櫻井孝宏,木村亜希子,楠田敏之,日向とめ吉ほか

商品詳細を見る
予約注文できるようになりました!

坂本龍馬のイラストをちょっとだけ公開!

10月15日に発売が迫った『再現!坂本龍馬 最後の夜』に使用されるイラストを特別先行公開!
坂本龍馬 最後の夜ブック表紙
イラスト holo-horo (C)雷鳥社 2010
プロフィール

キキログ

Author:キキログ
雷鳥社から発信するサウンドノベル、それが「OMEGAレーベル」です!ジャンルを問わず、さまざまなコンテンツを「声」という命を吹き込みさらにおもしろくしていきます。今後のOMEGAレーベルのラインナップにご期待ください!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。